いつまでも自分の歯で過ごすために歯科健診は大切でしょう

数カ月に1度は歯科健診を受けて口のトラブルを起こさない

歯のブラッシングやクリーニング指導を

歯科の定期検診は、歯周病や虫歯といった口腔内の病気を予防する上において非常に有効なのですが、どのくらいの頻度で通うと良いのか、迷っているという方も多いでしょう。
今回は、歯のブラッシングやクリーニング指導を受ける事が可能な定期検診の通院頻度について解説いたします。
全身の健康状態を調べるために健康診断は、年に1度学校や職場で受けているという方が多いと思いますが、歯科の定期検診については、もう少し高い頻繫で受けた方が良いでしょう。
具体的にいうと、3ヶ月から6ヶ月に1度の受診が望ましく、人によりもう少し間隔を狭めた方が良い方や広げても良いという方の受診もあるでしょう。
3ヶ月に1度、定期検診を受けるとなると、中々時間の調整が難しくなるという方もいらっしゃいます。

歯周病や虫歯をしっかり予防する

健康診断が年に1度なら、歯科検診もそれと同様で良いのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、それでは歯周病や虫歯をしっかり予防する困難です。
これらの病気については進行が早く、1年という長い期間置いておく事により、取り返しがつかない状態にまで悪化してしまうという事も珍しくないのです。
それだけに、3ヶ月から6ヶ月という短い間隔での受診をおすすめします。
歯科の定期検診については、歯周病や虫歯があるかどうかを確かめるだけではなく、これからも、歯周病や虫歯にならないために、様々な予防処置も受ける事が可能です。
そのような点も踏まえると、3ヶ月から6ヶ月に1度の受診でもそれほど頻繁ではない事がわかるのではないでしょうか。
定期検診を通じて皆さんの口腔内の健康維持ができたら一石二鳥ですよね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ