いつまでも自分の歯で過ごすために歯科健診は大切でしょう

日本人の場合はかなり症状が悪化するまで放置して

定期的に来院して頂くことにより

当院では、予防を重視した診療を行っているため、患者さんには定期検診の受診をお勧めしております。
定期的に来院して頂くことにより、口の中の異常を早期に発見が可能なのです。
また予防に関する処置も併せて実施しているので、歯周病や虫歯にかかりにくい口腔環境を見込むことが可能です。
そのような歯医者の定期検診は、どのくらいの頻度で受けるのが一番ベストなのでしょうか。
歯医者の定期検診は、歯茎の腫れが気になったり、歯が痛くなったりと、具体的な症状が出る前に受けて頂きたいものですので、それほど頻繁に受診する必要はないでしょう。
一般的には、3ヶ月から6ヶ月に1度、口の中を見せて頂けると十分です。
ただ、これはあくまでも目安の頻度であり、歯周病や虫歯の危険がある方は、もう少し短い期間での受診をお勧めします。

自覚症状に殆どない歯周病を1年間も

全身の健康状態を確認するための健康診断は、職場や学校で1年に1度受けるというのが普通です。
そう考えると、歯科検診も1年に1度で十分なような気がするかもしれませんが、それは必ずしも正しいとはいえないのです。
歯周病や虫歯というようなお口の病気は、非常に重症化するのが早いからです。
自覚症状に殆どない歯周病を1年間も放置しておくとどうなるでしょうか。
次の健診の頃には、歯肉炎から歯周炎へと進行して、顎の骨まで破壊するという事になっているかもしれません。
それだけに、3ヶ月から6ヶ月に1度の歯科検診が必須となるでしょう。
歯科の定期検診は、要するに健康診断と言われるものよりも、かなり高頻度で受けるという事になりますが、それは歯周病や虫歯の性質上、仕方がない事だといえるのです。
定期的に検診を受ける事により、歯周病や虫歯にならずに済むという事もあるため、受診する事によるメリットは非常に大きいといえます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ